【MBTI診断】4つのアルファベットの意味や特徴をわかりやすく解説!

この記事にはprやアフィリエイトが含まれています

MBTI診断とは

MBTIとは、4つのアルファベットで性格を16タイプに分類する性格診断のことです。

MBTI診断は、アメリカで生まれたマイヤーズ=ブリックス・タイプ診断(Myers Briggs Type Indicator)の略称です。最近では日本や韓国などで大流行しています。

この診断は、自分の性格や他の人との相性を知りたいときなどによく使われます。

MBTI診断のやり方

MBTI診断は、16personalitiesというサイトで診断することができます。
およそ10分くらいかかるので、時間に余裕がある時にやるのがおすすめです。

質問がいくつかあり、同意する・中立・同意しないなどの7つの選択肢から自分に合ったものを選択していきましょう。
あまり深く考えずに直感で選ぶと良いです。
またできるだけ中立は選ばないにようにしましょう。

MBTI診断の4つのアルファベットの意味や特徴

MBTI診断では、4つのカテゴリーをさらに2つに分類して性格を診断します。
これらの要素を組み合わせることで、16種類の性格が形成されます。

1つ目はEとI、2つ目はSとN、3つ目はTとF、4つ目はJとPです。
次でそれぞれの意味や特徴を詳しく解説していきます。

「E」外向型で社交的
「I」内向型で内省的
「S」感覚型で現実主義的
「N」直感型で独創的
「T」思考型で論理的
「F」感情型で受容的
「J」判断型で計画的
「P」知覚型で臨機応変

外向型「E」と内向型「I」

「E」は外向型で社交的です。

外部からエネルギーを得る傾向があります。
社交的で、他の人との交流や外部の刺激を楽しむことが多いです。
社交的な活動や集団での出来事がエネルギーを充電する傾向にあります。

アイデアや情報を他人と共有し、行動に移すことを好みます。
彼らは他人に影響を与えることや、外部の世界で成功することに魅力を感じることが多いです。

新しい体験や刺激を求めることが多く、冒険的でリスクを取ることがあります。

「I」は内向型で内省的です。

内部からエネルギーを得る傾向があります。
静かな環境や孤独な時間を大切にし、内面的な世界にエネルギーを注ぎます。

社交的な活動や社交的な状況を避けることが多く、静かな環境でのコミュニケーションを好みます。
深い関係を築くことを重視し、少数の親しい友人を持つことが多いです。

内部で考えを練り、自己リフレクションや内部的な探求を好むことがあります。
独自のアイデアや視点を大切にします。

自立心が強く、他人の影響を受けにくいことがあります。
孤独な時間を活用して個人的な目標やプロジェクトに取り組むことがあります。

感覚型「S」と直観型「N」

「S」は感覚型で現実主義的です。

具体的な情報や事実に注意を向ける傾向があります。
現実的な詳細に注意を払い、事実に基づいて意思決定をすることを好みます。
現実主義であるといえるでしょう。

過去の経験や実際の出来事を通じて学びます。
現実の状況や物事を直接的に観察し、経験に基づいて判断します。

詳細に注意を払い、細部に気を配る傾向があります。
物事を細かく分析し、正確な情報を重視します。

「N」は直感型で独創的です。

抽象的で未来志向的な情報に興味を持ちます。
彼らはパターンやトレンドを見つけ出すのが得意で、直感に頼ります。
創造的であるといえるでしょう。

未来の可能性や展望に関心を寄せ、状況を未来の視点から考えることが多いです。
彼らは直感的に情報を結びつけ、新しいアイデアや視点を提供します。

柔軟で創造的な思考を持ち、状況に対する異なるアプローチを見つけ出す能力があります。
物事を新しい視点から捉え、独自のアイデアを生み出します。

直感的な人は全体像や大局的な視点に注意を払い、細部よりも全体の意味を追求します。
パターンやトレンドを見逃さず、総合的な理解を重視します。

思考型「T」と感情型「F」

「T」は思考型で論理的です。

論理的で客観的な判断を重視します。
問題を論理的に分析し、事実やデータに基づいて意思決定をします。

感情から切り離して冷静な判断を下すことが得意です。
感情的な要因よりも、合理性と正確性を優先します。

公平さと公正さを大切にし、感情に左右されずに公平な意思決定を追求します。
主観的なバイアスを最小限に抑えようとします。

論理的かつ批判的です。
強い意思を持っているため頑固な印象があります。

「F」は感情型で受容的です。

感情を大切にし、自分や他人の感情に共感することが得意です。
感情に基づいて意思決定をすることが多いです。

他人との調和や関係を重要視します。
他人の感情に敏感で、共感しようとします。

自分の価値観や倫理観に基づいて判断を下すことがあります。
他人の価値観を尊重し、共感を示すことがあります。

対人関係を重視し、他人との良好な関係を築くことを重要視します。
しかし人間関係や感情に左右されて性格な判断が下せない場合があります。

判断型「J」と知覚型「P」

「J」は判断型で計画的です。

計画的で整然と物事を進めることを好みます。
タスクやプロジェクトを計画し、スケジュール通りに進めることが得意です。

情報を収集し、迅速に決断を下すことが多いです。
決定を下すために論理的な判断基準を使用し、感情的な要素をあまり考慮しません。

ルールや規律を尊重し、社会的な期待に従うことを好みます。
組織内での役割や責任を重要視し、それに従って行動します。

「P」は知覚型で臨機応変です。

柔軟性があり、状況に適応しやすいです。
予測できない状況や変化に対処するのが得意です。

新しい情報やアイデアにオープンで、変化に強いです。
決定を下す前に、さまざまな選択肢を検討して状況に応じて柔軟に対応します。

スケジュールや計画よりも柔軟性を重視する傾向があり、時間に対してあまり厳格ではありません。
細かい計画よりも適応力を重視します。

まとめ

この記事では、MBTI診断の4つのアルファベットの意味や特徴をわかりやすく解説しました。

MBTI